【その他のゲーム関係仕事について】


1994 mother2 (c)nintendo (c)ItoiShigesato (c)ape.ine
ゲームモンスターの立体造形(約100体)を彩工房と分担。
この当時は主にフォルモを使用して制作していました。
エンディングのスタッフロールに載せていただきました。

1996〜1997  こ○みるっく用に幾度か立体造形をしました。
ごえもんの黄金の煙管、江戸の半立体マップ、ぱわプロ人形
(ピッチャー・バッター・ゴールドタイプ)などを制作。 
徐々にスカルピーを使用し始め、ぱわプロはシリコン型から
キャスト成形し、数種造りました。 一部イベントにも展示
されたらしい・・・未確認。              

 

・某ゲームイメージ モデリング
 シュミレーションゲームの舞台を立体化。
 ベースは発泡ウレタンを削りだし、ディティール
 にはサンドメディウムを混ぜたアクリル絵の具を
 使用。ベースサイズ30cm×30cm×13cm。
 樹はキャストで複製し、メディウム入り塗装。
 某イベント展示用だった。




・部分アップ
 人形はタミヤ1/35ドイツ兵の改造。
 ポリパテを直に盛りつけ削りだした。
 剣や盾はスカルピー使用。
 塗装アクリルガッシュ。

・ガンモデル(苦労の逸品)
 '97ごろ、Sゲームメーカーのガンコン
 をデザイナーラフに合わせ改造した。
 某イベント用に造ったが詳細は不明。

 実物を部分的に流用し内部メカニズム
 を活かすことになり、ABS板・プラ板
 その他キャストによる大改造でした。

 仕上げはガンメッキ・スプレー乾燥後
 の磨きだしによる。

   


たまきちオブジェにもどる
      MENU

無断転載は禁止    (c)Nobuyasu Makino