もどる       MENUへ

【2002年6月から1月まで】

◇前の気分2002(6/5)


戻ってきたNARUが開口一番、「やきそば食べたい」とのたまう。
・・・よかろう。かつての学園祭じこみのやきそば、作っちゃる。
と思ったら、野菜の買い置きがほぼ全滅・・しばらく冷蔵庫チェック
しとらんかった。まぁ、いいや・・・使えるキャベツ、玉葱、人参と
豚肉炒めりゃ、できあがり。いつもならキムチ味やら、カレー味やら
にするのだが、材料そろえる時間もないから仕方ない。基本のソース
で味付けする。シンプルイズベストタイム・・もりもり元気に喰って
もらえりゃそれでいい。あとはゆっくり休んどくれ・・・・    

今月は戦力が落ちた分、仕事の能率アップを図らなくては・・・

手間をかける部分を極力限定し、撮影時に見えないところは磨かずに
すます。余力があれば、顔の塗り分けに入念に手間をかけ、アップに

なっても耐えうる状態をめざすしかない。塗り分けは何度も修正する
時間量と集中力がものをいう。立体の場合は正面・真横・斜めからも
チェックしないときれいなラインにならないからである。
     


◇前の気分2002(6/3)


ネット社会は現実とは関係ないから何してもいいじゃないか、という人
もいるが・・・そんなことはないと思いました。現実社会より広範囲の
人々に見られるため、むしろ厳しさを感じました。         

星の数ほどサイトがあって、そのなかで社会的に認められたサイトには
・・・やっぱり何かちがう、人類愛的なものを感じてしまいます。
お仕事でやっている方も、趣味としてやっている方も、苦労を乗り越えて
見ず知らずの人々のために語りかけている。 そんなサイトを見つけると
思わずリンク貼らずにいられなくなる・・・まだまだ私欲を捨てられない
おいらには百万光年先の人たちなのだなぁ・・・煩悩星のメッセージ。 

さて、久々に営業してみて・・・思わぬ所でウチへの来訪者とお会いする
のは、うれし恥ずかしなのでした。よけいな話しは書けないものだね。 


◇前の気分2002(5/29)

なぞなぞでもなく、今まで何度か触れたうちの半地下車庫の話なのです。

当時、よく比較もせずに建築条件付きの物件を選んだ事からの教訓です。
その不動産業者は設計士と大工を雇っていたので、他の業者を間に入れる
のは難しく、注文住宅できるとはいえ設計士の能力の範疇で選択するより
方法がありませんでした。間口はそこそこあるが奥行きはあまりない土地
だったので半地下にはあまりむいてなかったとも思えますが・・・   

で、後からわかったのですが、半地下を設計するには中二階とかの床面を
ずらしながら立体的な建築設計ができない設計士だと構造的に問題があり
少なくとも一級クラスでないとうまくいかないようです。  というのは
車庫のために頼んだ別の建築士の方から聞いたのですが・・・ 結局の所
駐車場の高さを変えるために、その上の階の床を50センチほど持ち上げて
なんとかなったものの・・・車の地上高が低いとマフラーが擦れ、全高が
150センチ程度でないとROOFがぶつかってしまうのです。 車体の寸法の
基準が平成になってから大きめになったので、軽自動車くらいしか選択の

余地もないのです。普通車は横付けできるけどねぇ・・トホホな話・・・


◇前の気分2002(5/28)

五年ほど前の仕事資料が見つかった。それもゲーム関係のものである。
その当時はスーファミをメインに遊んでいた。ゲームヲタみたいな生活を
していたが・・・動くドット絵に満足できていたのが不思議だ。でも・・
その中に何か熱くなれるものが充満していたからのめり込めたのだろう。

その後プレステまではついていけたのだが、それ以降は熱が引いてしまった。
ゲーム絵の進化もすごいものがあるが、ドット絵からキャラクターを想像して
いたころは自分の頭の中で、スムーズなアニメが流れていたような気がした。

何か、昔のカンプと今のバチカンプのちがいのようにイメージの自由度の差を
感じてしまう。カンプのあいまいさがイラストレーターの腕の見せ所だった。
が、クライアントの制作管理が厳しくなり一部の隙なく再現することが最重要
になったから当然の流れである。それだけグラフィック全般の責任が重くなり
揺るぎない歯車の一部になってしまったのは皮肉にも思えた・・・     
あぁ、やっぱし おいらは商業美術には向いていないかも・・・・・



◇前の気分2002(5/26)

むかしは仕事がら、毎日のようにケーキを食べていたせいか・・虫歯の数は
計り知れない。奥歯の詰め物が外れたのを、期にすべての虫歯を直す決意を
固めました。いつも、仕事がせわしくなると忘れちゃうんだが・・・   

歯医者さんの道具って興味深い。

モーターツールの替え刃とか、義歯用のシリコンとか市販では見かけないもの
がそろっている。この替え刃はダイヤモンド研摩用に似ているから一本数千円
だろうか・・パテ状のシリコンって硬化が早い、特殊メイクに使われてるもの
だろうか・・・なにげにジロジロ見ていると楽しいのだが、高価なもんばかり
なんだろなぁ。義歯の原型に使われる石膏でも歯科用のは高いのだよねぇ。 
粘土の品質がまだ良くないころは、歯科用石膏や樹脂混入石膏を削りだして 
おいらもオブジェの原型とか造っていたものです。歯医者の方が儲かるけど。


◇前の気分2002(5/16)

南の孤島の撮影も無事に終了し、いろいろ更新準備中だったのを思い出す。
八月に出版されるのでそれまでは紹介できないが・・・ CANの兒嶋氏に 
難しい撮影をしていただいたので、玄人話しとかも載せれるといいな。  
今までにも撮影時に見学者が来てくだすったが、造形物をしまう所で凝視 
されると妙に緊張してしまう・・そんなにめずらしいのかな???     

この頃は暑くなったり、涼しくなったりで体調くずし気味です。
何かよい健康回復法はないものかと調べていたら、たまたま見ていたテレビで
気まぐれなおいらにもできそうな回復法を見つけました。見てた人多いんでは
なかろうか・・・なんか近所のマーケットでは品薄になっておりました。  
スポーツジムにでも通わないと持久力アップできないかもしんない・・・  
この商売もいざって時は徹夜もあるので、体力勝負も必要なんだよねえ。  
人間ドックでも行ってみたものか・・・また、汗タラーリ・・    


◇前の気分2002(4/28)


リーマン時代には楽しみだったゴールデンウイークも今となっては
はるか昔の思い出にしか過ぎず・・・それでもちょびっとうらやま
しい今日このごろ。いつもながら仕事のまっ最中である。    
フリーランスは休み放題で気楽? と社会的には思われているかも
しれないが、イラストやっていれば印刷所の休みの都合に合わせて
締め切りも変わってくるし、出版社の休み明けに色校必要だったり
しますから・・・でもまあ多くの人が
同時期に休みに入っていると
この時期の都会での買い物はそんなに人込みにつぶされることなく
材料集めには良いともいえます。気のせいかな・・・      

ちょうど季節柄、南の島と海みたいなのを造っている。
バカンス気分で造りながら・・ハンモックに揺られた夢を見る。



◇前の気分2002(4/23)


仕事柄、生活リズムはバラバラで寝起きはシャワーを浴びないと
体調がすこぶる悪い・・・湯船につかってぐったりして・・
ぼぉーっと天井を眺めていると・・やっとピントが定まってくる。

フリーランスになってから目覚めるために入浴するようになった。
早く眠らねばならん時はアルコールの力を借りるし・・・

人間には体内時計というものがあるらしい。何かの雑誌で読んだ。
ある科学者の研究で「時差ボケを解消するためにはプールに入るとよい」
なぜかというと「母親のおなかにいるときは水分に囲まれているので
似た環境に入ると感覚をリセットするのに都合がよい」というような事が
載っていたのだけ覚えていて、風呂でもよかろうと思ってやっている。
毎日のようにしてるとパブロフの犬のように体が覚えてくれる・・・
さて、ビールでも飲んで明日はもうちょっと早く起きよう。



◇前の気分2002(4/14)


近所の小学校からぞろぞろと元気なチビッコが出てきた。
入学・入園シーズンに彼らを見ると土筆の顔のイメージが湧く。
新たなスタートをきる気分は、おいらにゃもうないだろなぁ・・
ふー・・夜中起きの生活が続き、もう眠くてたまらないや。
公園に本物の土筆を探しに行く元気も残っていないようだ・・・

TVをつけると「クローン人間」のニュースがやっていた。
遺伝子操作で身体異常がなくなれば、おいらのような耳の良くない子供
は減るかもしれないが・・新たな人種差別を生むんでしょうねえ。  
自分と似たような顔がごろごろいたら人生やる気なくしちまうし、遺伝子
を売って億万長者みたいな人も出てくんのかなぁ。何度も復活するゾンビ
みたいな人生だったら命の価値も暴落して紙っぺら同然になりそうだ。 
ああ、なんかいやな夢見そう・・・でも寝よう・・・・



◇前の気分2002(4/5)


OSとADSLmodemの相性が悪いのか、マシンの調子がすこぶる悪い。
先月は数回の初期化をしたため、ろくに更新できず申し訳ないです。

パーティションも三階層にしたし、ネット用と作業用のディスクも
分けてみました。これで不具合が出てもOSの切り替えでカバーできる
はずです。Nortonのスピードディスクもバンバンかけ最適化したので
ひとまず安心できるだろうか・・どうでもいいけど最適化の画面って
なんか見とれちゃいます。自分の頭ん中まで整理されてるような錯覚
を感じてしまう・・おいらが変なんだな、きっと。        

あぁ、やんなきゃならん事が山積みで・・おいらの頭ん中も最適化したい・・


◇前の気分2002(3/28)



ずいぶん暖かくなってきた・・・淡い花びらの舞う道端を通る。  

なにげにNARUは編み物に凝っている。去年から暇さえあればセーター
など編んでいる。 もう年末まで着ないだろうが、毛糸を紡ぐことが 
楽しいらしい・・ああ、着れなくなったセーターをほどいてるのか。 
丸い毛糸玉から、こつこつ編み物をする仕草はお猿のノミ取りを連想 
させる、仲むつまじきかな。                   
景気回復に春風は答えてくれるといいな・・小さくてもリアリティの 
ある夢がみたい。そう思いつつグッズ販売企画を考えたものの・・・ 
いろんな通販サイトに行くとやはり現実の厳しさを感じてしまう。  

ゆっくりでもいいや・・まだまだ学ばねばならぬことは山ほどある。
確実に実現できる夢をふくらませよう・・・


◇前の気分2002(3/21)



こんなに天気がいいとネットやってるのがバカらしくなりませんか。
何にも栽培してるわけでもないけれど毎日欠かさず大空を眺めます。
外の空気にふれないと病気になりがちになるし、スプレー使ってると
どんどん部屋の中が有機溶剤に汚染されるからです。シンナー臭くて
あちこちにヤスリがけした粉が積もっている、そういう仕事です。 
そんな不健康極まりないお仕事ですが生涯できるようにしたいです。

大空の雲を見ながら、いろんなモノを連想するような子供は今では 
少ないんでしょうねえ・・詰め込み教育が緩和されてもエリートを 
狙わせる親御さんは減りそうもないし、競争社会の弊害はなくなら 
ないのでしょうか・・・もう老人問題に近づいてるおいらの考える 
事じゃなかったね。変わって欲しい事と変わらないで欲しい事って 
むかしから何にも変わってない、おいらにゃ進歩がないんだね。  

◇前の気分2002(3/18)



うーん、2週間も経ってしまったのか・・・仕事の問題もあるけど
作品造りやらHPの試行錯誤やらで、更新ごぶさたしておりました。
新コンテンツはまだ実験段階なのでお披露目できないんですよう。
やっぱCGIとかフォームとか、おいらの頭じゃまだ無理なのか・・・
でも一番難しいのは お客さんが悩まずスムーズに楽しめるシステム

を学ぶことなんですね。いろんなプロバ=サイトにいくとごく目に 
するものが、こんなに難しいとは・・  シロートだから出来るわけ
ないとあきらめらんないとこが、おいらのアホさ加減なんだな。 

でも、やっとソース情報を見る面白さがわかってきた気がします。

うまくいかないかもしれないが、チャレンジだけの人生か。
結果がわかってることばかり、してたって何もおもしろくない。

◇前の気分2002(3/5)


どうやら、おいらにはオタクの資質はないようだ。
アニメキャラに依存して崇拝できたなら、たぶん今とちがう人生を
歩んでいたかもしれん・・・中学生のころだったか、既存のまんが
アニメのキャラを2頭身くらいにデフォルメして描くのが趣味で、
そいつらは自分のオリジナルティを考える基盤になったようだ。
 
今でこそSDスタイルは認知されているが、周りの友人からは奇人と
見られていたようだ・・・                  


己の存在に固執しすぎていたのかもしれない・・・
自分というフィルターを通して他人の造ったモノを眺めていると
自分だったらこうするのにと、素直に直視できなかったのだ。 
しかし、あるキャラに感情移入できつつある・・・・     


◇前の気分2002(2/21)


ほんとに世界一財産のある国民なんて、この国にいるのだろうか・・・
地を這うような貧困さは少ないかもしれないが、飢餓で命を落とす国 
でもないが、日本に生まれてよかったと言える人がどれほどいるという
のだろう。もしも戦争に負けなかったら、どんな時代がきたのだろう。

こうもんさまの時代から悪代官は今も変わらぬ存在なのか・・ 
きっちり善悪明快な時代劇ほど簡単な現実はないにせよ、民衆を癒す
効果はあるのだろうね。江戸時代末期に栄えた町民文化の背景にある
ものも、現代社会にあえぐ者の怒りも同質なものかもしれない・・・


◇前の気分2002(2/3)

長年使っていたFAXがこわれ、探しまわるとは思っていなかった・・
大手電気機店に行くと感熱紙から普通紙へと進化を遂げたFAX機が大量に
売られているのだがA4サイズの受信しかできないものが主流になっていた。
どうやら一般用にはB4サイズは必要なしとメーカーに判断されたようだ。  
普通の書類だったらA4でいいのだが、図面ラフのやりとりにはB4でないと 
困ることが多々ある。人形の背景や具体的な撮影予定図など書き込むとA4  
では収まらず、縮小された受信ラフを拡大する手間もかかるのだが・・   

フリーデザイナーもB4の見開きレイアウトとかFAXするとき困るのでは? 
業務用機は場所とるし・・添付ファイルでやりとりすべきなのか・・・  
拡大縮小できるコピー機はこれまたスペース必要だし・・フリーランスには
どんどん住みにくい社会になっている気がする・・・うちが狭いだけか。

◇前の気分2002(1/29)

ログを見ていて「テクニック」の検索をしている人が気になった。
ネット検索はたしかに効率良く情報を集められるかもしれないが 
技術は経験から得てこそ価値があるのではなかろうか・・・   

少なくともプロと呼ばれる人たちが自分の苦労してきた秘密をたやすく
広めるとは思えないのだが・・・   楽して儲けようみたいな発想が
うかがわれて、悲しいものを感じたのだった。           

かつて、デザイナーは1センチの幅にどれだけ多くの交差しない線を引けるか
を競い合ったという。たぶんそれが職人としての誇りであり意地をはる価値
だったのではないか、とおいらは思う。パソコンで図面を引けば精確な線は
引けるし、修正も楽ではあるけど・・経験に関わらずきれいな線を描けると
いうのは果たして良いことなのか疑問である。
              

◇前の気分2002(1/26)

NARUがぜんざいを作ってくれた。今年の鏡もちを処分する時のことだ。
「なんかこのぜんざい、すっぱくない・・・?」
「あら、おもちのカビが残ってるかも・・・・・」
おいらは母親の料理で鍛えられているから、これしきでは参らないが。

お返しにのり塩ラーメンをおいらは作る。 最近の即席めんは良くなった。
むかしほどは煮汁が泡立たなくなったので、少々なべから離れていても 
さほど心配ない。合成保存料とかが減ったからだろうか・・・     
「ちょっと、このラーメンしょっぱくない・・・?」
「塩分を増やして胃の浄化をするのだ。」
てなことを言いながら似たもの夫婦は今日も元気であった。


◇前の気分2002(1/10)

撮影現場でNARUと口論するせいか、夫婦げんかについてよく聞かれる。
仕事の関係ではお互いの力量を知っているのでもろに衝突したりするのだ。
真剣なときと徹夜明けのときは歯止めが効かず、わがままと知りつつも強情
になったりする。それとは対照的に普段の生活には争いがなくなった。  
昔は生活のリズムが合わないと共同生活は難しいと思っていたが・・・
お互いに我慢しつつも家事をしているとたいしたもめ事にならなくなった。

フリーランスな二人が共同生活していくにはある程度の家事分担が不可欠で
どちらかがカバーできればなんとかなっている。 ルーズな取り決めだけれど
細かい事に目がいかなければ、多少部屋がちらかってても関係ないのだね。
ひとりで暮らしてる事を考えたら半分(?)の負担で済むし、気楽にやってる。
所詮は別の人格だから、仕事の時だけでも理解が深まればそれでいいや。


◇前の気分2002(1/6)

バタバタしていた年賀状を終え、知人とささやかな新年会をした。
飲み会の後に近くの玉突き場を訪ねる。ああ、おいらが昔に通っていた所は
焼肉屋に変わってるんだね・・流行りものにコロコロと変わる場所なんだ。

昔、映画「ハスラー」が流行っていたころ、おいらもかぶれてました。
すかしたプールバーがいいと思ってたころとちがい、儲かってなさげな

ビリヤード場が・・・なんか哀愁漂っててキュンと来るものがあった。
ボウリングとちがって、よぼよぼになっても遊べそうなとこがいいね。
視力が落ちたのは、ボールを見つめるとはっきりわかっちゃうけど・・
自己流でも地道に練習すれば、少しはボールが言うことを聞いてくれて
ラインのイメージの浮かぶことがちょっと嬉しかったころを想った。 
ほんとにボールとは正直な生きものである。


◇前の気分2002(1/1)


旧年が去って数時間後・・いまだX'masと正月の準備(HPの事)できりきり
している。 こんな細かい更新したって世間の人たちは忘年会や新年会で
ネットしてる間などないだろに、と思いつつも更新やっとかないとね・・
年々、人に会う機会が減っているおいらにはちょうどいい趣味なんだな。

人間関係を作ることは立体造るより、ずっと面白いはずなのにどんどんと
遠ざかってる気がする。もともと人付き合いは苦手だったからだけどね。

時間だけが過ぎて残ったものは仕事の作品だけというのはあまり好ましく
ないが、ひとつひとつ想い起こすと・・・あーすればよかったかなと少し
後悔する。限られた時間内にベストを尽くしたつもりでも、まだまだじゃ
ないかと想うのは偏屈おやじに近付いた証拠かもしれない・・・    


MENUへ


  2004年1月から  
  2004年1月から6月まで  
  2003年7月から12月まで

 
  2003年1月から6月まで

 
  2002年7月から12月まで

 
 
ちょっと前の気分1
2002年1月から6月まで

 
  2001年8月から12月まで

 
 



 
 
無断転載は禁止


(c)Nobuyasu Makino