資料用・作者撮影



1998 Challenge 84Land 6月号より 
 (c)ベネッセコーポレーション

Design           Photograph
フラミンゴスタジオ     千代田スタジオ


 自由につくってほしい、という依頼でラフを五種ほど描いたなかのひとつ。
 タツノオトシゴのメカオブジェは私の頭の中では宇宙にたたずんでいた。
 もともとは芸高時代に描いたイラストが原案で、ムサビ時代にも幾度か
 描きなおしたモノだった。 これを描いていたころは立体化できるとは
 思ってもいなかった。Gデザイナーを希望していたころだったし、立体の
 勉強も、素材についても、撮影の仕方も何も知らず描いていた・・・
 かくて、私にとっては思い出深い仕事と
なったのでした。


   おおよそのサイズ  H23cm W16cm D16cm

 

メカオブジェと似たテイストのマイク




 2000 Challenge 86Land 12月号より 
 (c)ベネッセコーポレーション
 Design フラミンゴスタジオ
 Photograph CAN
 
 「20世紀総まくり! 総力ランキング大会」
 という企画があり、美人レポーターがSF的な
 マイクを片手にいろんな話題作を紹介する
 ということで、造ったのがこれです。

 誌面はモデルさんを多用している事などで
 諸事情あり載せていません。
 


 このマイクヘッドを造るために実物を改造しました。
 モデルさんに持ってもらわねばならないのでしっかりした
 構造が必要だったのです。「ARC」のついたプレートは
 三面をつなぎ合わせ回転できるようにしました。
 必要に応じて撮影時に回せないと困るからです。
 三種のラフから最もシンプルなものが選ばれました。


   おおよそのサイズ  H25cm W10cm D10cm

Objectにもどる   MENUへ

無断転載は禁止    (c)Nobuyasu Makino