日本的民芸品を近代オブジェ風に
 アレンジしたモノ。
 オブジェは樹脂ねんどを加工。
 それを原型としてシリコン型に
 キャストを流し込み、多数成形。
 バックに写っているのは
 「へびふく」や「樹」です。
 このほかに「わにふく」もあります。

 
 けろふくのおおよそサイズ
 H4cm W4cm D3cm

福々オブジェ「けろふく」


 

新たに干支企画としてスタートしました。
福々オブジェ「えてふく」


福々オブジェのバリエーションとして干支の動物をモチーフ
として制作しています。サルですが、福を得る願いを込めて
「えてふく」と名付けました。「エテ公」の由来については
もともとは良い意味として使用されていたようです。時代が
変わるにつれ、ことばの意味も変わっていくものですね。 
残ることばもあれば、死んでいくことばもある。日本語の 
奥深さはずっとむかしから、歴史とともにあったのでした。




◎商品の詳細は通販ページをご覧ください。



Objectにもどる     MENUへ


無断転載は禁止    (c)Nobuyasu Makino