【10万ヒット・プレゼント】

いつのまにか、桜も散るころとなりました。
まだ日陰が寒いこのごろ、お元気でしょうか。


まだ、このサイトを起ち上げて間もなきころは・・・
10万ヒットなんて夢の話しさ、と笑っておりました。
カウンターの数がすべてを物語るわけではないと思い
ますがサイトのひとつの区切りめとして考えてみたい
と思っております。               
〈桜見物したい方は↑画像をくりっく〉

幾度となく閲覧ありがとうございます。
思うに更新もおぼつかぬ酔いどれサイトでございます
が・・みなさまに感謝の意としましてプレゼント企画
をご用意いたしました。今回はカウンターは関係なし
で、ご参加していただければと思っております。  


★今回はいつもと異なり、クイズ形式で出題させていただきます。

「フィギュア・コース」と「オブジェ・コース」の二通りあります。
どちらか一問をお選びいただき、メールにてお送りください。
(注意: HTMLメールは対象外とさせていただきます。)
プレゼントの当選人数はそれぞれ一名ずつとなっております。

▽▼▽▼▽▼▽【クイズ問題】▽▼▽▼▽▼▽

A.「フィギュア・コース」
当サイト内「たまきちオブジェ」コーナーで閲覧できる
ある「フィギュア」がプレゼント品となります。   
さて、それはナニのフィギュアでしょうか? 
答えは、『○○○のフィギュア』 とお書きください。 
※ただし、○○○は三文字とは限りません。

B.「オブジェ・コース」 
当サイト内「
MAKINARU 福々屋」通販コーナーに今度
新商品が増えますが、その「オブジェ」がプレゼント品
となります。                   
さて、それはナンというオブジェでしょうか?
答えは、『○○ふく』とお書きください。
※モチーフは猿ですが、去るというのは縁起がよくない
ので、そのままは名付けません。        


 
↑ちなみにこんなやつです。(試作モデル)
仕上がりは金色か銀色になります。
△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△

1. どちらか一方のコース名とその答えをお書きください。

2. A、B両コースともに、その答えを書いた訳もお書き添え
ください。正解者多数の場合、その回答理由にて当選者の
選択とさせていただきます。これは必要項目となります。
もし、正解者がいない場合は興味深い回答理由を書いた方
を当選とさせていただくこともあります。       

3. 当選者発表の際に掲載させていただくH.N(ハンドルネーム)
も必要項目となります。               

以上三点のことを書き添えてこちらまでメールお送りください。
※件名が文字化けする場合はお手数ですが「クイズのこたえ」
と件名にご記入ください。(一部のメーラーの問題らしいです)   
メールのしめ切りは今月4月24日までとさせていただきます。 
みなさまのご参加をお待ちしております。


日本国内の方なら、もちろん送料もこちらで負担します。
日本語の書ける日本在住者に限らせていただきます。  


04/4/24をもちまして無事終了いたしました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。





▽▼▽▼▽【プレゼントクイズ正解の発表】▽▼▽▼▽

A.「フィギュア・コース

当サイト内「たまきちオブジェ」コーナーで閲覧できる
ある「フィギュア」がプレゼント品となります。   
さて、それはナニのフィギュアでしょうか? 


正解は、「のん父」または「のんきな父さん」でした。
個人的に、「しあわせ」や「漫玉日記」よりも玉吉漫画の真髄は
この「のんきな父さん」にある気がするのです。       
むかし玉吉の父上にお会いしたこともあったのですが、この漫画の
主人公にそっくりなお顔立ちでドギマギしながら単行本を読んだ事
もありました。「桜玉吉のかたち」では父上本人の描いた漫画が載
っていますので興味ある方は読んでみるのもいいでしょう。   

前回の「漫玉KUB」に引き続き連続当選とあいなりましたが・・
他に正解者が見当たらないこと、aiaiさんの理由づけの面白さに
着目し、当選とさせていただきました。           


aiaiさんの理由

理由はズバリ!
”ちょりそさんフィギュアが、おまけフィギュアで登場記念!”です!
キューブリックの次は、おまけ(orガチャポン?)で発売されるのでは?
と考えました。というか願望です!                 
玉吉フィギュアは絶対に、ちょりそさんしか考えられません。     
海○堂もこればかりは無理でしょう!ホントに発売されると良いなぁ・・
べるのも欲しいし、O村像も是非とも後ろから見たいのですが、
やはり商品化の願懸けも込めまして、”のん父”でお願いします。
P.S:私の解答がもし正解でも、他にも同じ解答の方がいた
 場合には今回は喜んでそちらへお譲り致します。
一人でも多くの人へ”ふく”が訪れます様に!




うちのサイトで通販やるくらいしかないんですが(苦笑)
とてもうれしー理由を書いてくれたaiaiさんには、ご希望
の「のん父フィギュア」をお贈りいたします。    




 当選者のaiaiさんには副賞としまして
←「お祝い画像」を贈らせていただきました。
 「のん父・フィギュア」の到着まで
 楽しんでいただけると幸いです。



 ご当選おめでとうございました〜♪

 


B.「オブジェ・コース」

当サイト内「MAKINARU 福々屋」通販コーナーに今度
新商品が増えますが、その「オブジェ」がプレゼント品
となります。                   
さて、それはナンというオブジェでしょうか?


正解は、「えてふく」でした。
さるの忌み言葉として「えて公」から名付けたのでした。
また「福を得る」という意味合いもあったのでした。  
「えて公」の正解までたどりついた方は多かったのですが
その由来まで調べられた方は少なかったのでした・・・

現在はあまりいい意味では使われない「エテ公」ですが
昔は逆で、いいことばとして使われていたようです。 
しっかり検索してくれたかれんとさんが当選となりました。


かれんとさんの理由

 猿の事を擬人化した表現に「エテ公」というものがある。
 エテという言葉自体に「猿」という意味があるのか、というと全く無い。
実はこれは忌み言葉を避けるために作られた言葉。
忌み言葉とは結婚式で「切る」は禁句、もっとわかりやすく言えば
受験生に「落ちる」と言わないようにするようなもの。
 昔は「朝は猿という言葉を口にしてはいけない」ということが全国的に
言い伝えられていた。これは「猿」が「去る」に通じることから嫌われ
たもので、中には「〜でござる」という実際には去るとは関係なくても
連想させるものさえ禁句にしたところもあったという。
(中略)
東邦大学理学部植物生態学研究室
http://island.bio.sci.toho-u.ac.jp/planteco/
雑学歳時記(八月 エテ公)より引用させていただきました。





↑「えてふく」プレゼントバージョン
販売品とは一部デザインが異なります。

とてもトリビアな理由を書いてくれたかれんとさんには
ご希望の「福々オブジェ・えてふく」をお贈りいたします。

これを契機に干支ふくシリーズ展開を開始いたします。
えてふく」販売品は通販ページをごらんください。
どうぞよろしくお願いいたします。

 当選者のかれんとさんには副賞としまして
←「お祝い画像」を贈らせていただきました。
 福々オブジェ「えてふく」の到着まで
 楽しんでいただけると幸いです。



 ご当選おめでとうございました〜♪


なお、各賞品の発送につきましては後日メールで
お知らせしますので楽しみにお待ちください。 

惜しくも当選を逃しました方々のメールも一部ですが
おたよりコーナー」に掲載させていただきました。 
皆様、ご参加ありがとうございました♪


無断転載は禁止     (c)Nobuyasu Makino